« 母は強し! | トップページ | 折れそうな心 »

2011年6月14日 (火)

櫃取湿原で

15

日曜は小本川の監視のお仕事でした。

今年はいつもより釣り人が多いですね

櫃取湿原は自然保護指定区域で、そこを流れるノロメキ沢は永年禁漁になっています。

今回は密漁の監視とイワナの実態調査をしました。

幸い密猟者はいませんでしたが、2種類の長靴の古い足跡があり密猟者が来てるのはたしかです。

イワナは沢山いて安心しました。

今年はここを重点的に監視します。

11

今はクリン草や

13

ウマノアシガタが満開です。

自然の摂理もありました。

10

う~これはなんだ~

12

近づくとシカの白骨で若い雄のようでした。

14

自然は厳しくそして優しい

16

イワナは悠々と泳いでいました。

|

« 母は強し! | トップページ | 折れそうな心 »

コメント

「自然は厳しくそして優しい」
同感です!
釣り出来る気分になったら行ってみたーい(^o^)丿

毛針の方が良さそうですねー
テンカラ竿が欲しくなる風景でした!

投稿: 佐藤 | 2011年6月14日 (火) 22時29分

佐藤さん
ご無沙汰です。

遅くなりましたが
お見舞い申し上げます。

なんと言いますか、いまだカービングチェンソーに触れずにいます。
デモのキャンセルやイベント中止が続いていますが、久々にフライフッシングを楽しんでいます。

テンカラも良いですね~
天然イワナの爆釣
ガイドしますよ!!

投稿: 与作 | 2011年6月15日 (水) 23時03分

ブログにコメントありがとうございます

ご無沙汰しております

櫃取には5月末に行きあたりの光景にびっくりし竹藪に分け入る勇気もなく諦めて戻りました
震災もさることながら自然の威力の前に人間の無力さを知らされました

櫃取は素晴らしいところです

また、来年お邪魔しようと思っています

投稿: なめとこ山 | 2011年6月16日 (木) 04時34分

生きてたんだ(笑)

おれも小学生のころオワダ橋の向こうで、白骨かした鹿を見た記憶があります。
正に自然は弱肉強食!

投稿: 息子 | 2011年6月17日 (金) 02時22分

なめとこ山さん

あの光景を見たら誰でも驚くと思います。
私も始めてみたときには愕然としました。
写真は記録として撮ってはありますが、ブログに載せる気にはなれませんでした。

三陸北部森林管理所の所長が櫃取に来たとき、「津波も酷いがこっちも・・・」と絶句したそうです。

来年と言わずシャクナゲを見にいらしてください。

投稿: 与作 | 2011年6月17日 (金) 20時22分

息子さん

しゃー生きてるよ~
自然は厳しいもんです!

投稿: 与作 | 2011年6月17日 (金) 20時23分

最近は毎週、櫃取に行ってます。景色を見て心洗われる。自然の恵みを少しいただき、美味しい思いもして…
さらには朱利がまた、可愛い。先週末は北斗に臆せずちょっかいをだし、北斗の耳に噛み付いたみたいです。北斗は怒って朱利をひれ伏せさせてました。
まあ、大ケガはお互い、させないでしょう。

また週末は朱利を借りて今度は熊をゲットしますか
(^_^)/~

投稿: 尊敬 | 2011年6月17日 (金) 22時53分

今日はスミマセン

お邪魔しましたぁ。

朱利も落ち着いて山を歩けるようになりましたぁ
(^_^)/~
あとは熊を採るだけです。

さくらdogも連れて行きたいけど、朱利と血まみれの喧嘩をするだろうから無料だな。

北斗と朱利は仲良くなりそうです。

今日の山には熊は居たと思いますが二匹の北海道犬にビビったなぁ
p(^^)q

しかし見事なブナ林とタケノコ山でした

そうそうオオクワガタもあの山には居ます。ペアで採ったら凄いことです。

初の櫃取産オオクワガタ。

投稿: 尊敬 | 2011年6月19日 (日) 17時20分

尊敬さん

昨日はありがとうございました。
お疲れさまでした。でもいい汗かいたのでは?クマには驚いたでしょ!

北斗、男らしくなっていて、なんか触れませんでした。さくらも連れてこられたらいいな~。

また、時間をみつけて連れて行ってください。おねがいしまーす!

ps盛岡から帰って夜に、エサと散歩に行ってきました。


投稿: 与作 | 2011年6月20日 (月) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125617/51945130

この記事へのトラックバック一覧です: 櫃取湿原で:

« 母は強し! | トップページ | 折れそうな心 »