« リンク追加しました~ | トップページ | 続、実力やいかに! »

2011年2月 2日 (水)

実力やいかに!

唐松の開伐の現場ですが、GP35にはチト荷が重い・・・

枝の太さがオイラの腕サイズがゴロゴロ状態なのです。

当然チェンソーの出番なのですが、以前ショップさんから頂いた

00_2

スチールのソーチェーン ピコデュロ(PD3)

カーバイトチップの実力を試すいい機会!!

なぜかというと、今の現場は作業道を作りながらの集材なので

02

ドロ状態の土と雪が枝部分に絡まり、更にそれが凍るのですよ!

01

チェンソーはMS200です。

凍った土をそのまま切ることは普段の作業ではありませんが、あえてやってみました。

03

切り口ですが、ノーマルのソーチェーンでは致命的なダメージで、一発廃棄が十分考えられます。

04

ですが、1カットでは切れ味は変わりませんでした!!

チョット驚きながらも、国有林の巨木を切っていた頃、オレゴンのこういう類のソーチェーンを使った記憶が蘇った。

その頃オイラはオヤジと「土場」での玉切りで、秋から春先の作業には泣かされた。一人で数台のチェンソーを目立てして切れが止まればつぎつぎと換えながらの作業・・・目立てをする時間などないのだ!!

たまらず、この類に手を出したのです。

でも、類は切れ味は決していいとはいえません

が、今の時期、土場で手切りの人は十分その価値は解かるはずです。

結局当日はMS200で3タンクの燃料を使ってプロセッサーが払えない枝を切ったが、さすがに切れなくなったが、目立てができない、ヤスリがない・・・カーバイトは普通のではヤスリ研げないのです。

なので兄に「ヤスリを買ってきてよ~」と・・・

で、そのヤスリが・・・・。

つづく

|

« リンク追加しました~ | トップページ | 続、実力やいかに! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125617/50758161

この記事へのトラックバック一覧です: 実力やいかに!:

« リンク追加しました~ | トップページ | 続、実力やいかに! »