« ビックリ。 | トップページ | 秋の恵み! »

2009年9月 9日 (水)

日常の作業なのですが

01 間伐、といえば「かかり木」

今の現場はポツポツと広葉樹があるのです。

それも、そこそこの太さで、なんで残ったのか分かりません

かかった木は「ブナ」で、その昔にはこんな近場にうっそうとした森が確かに有ったのだと(家から15分)

その昔はだれも近づけない場所だったのかもしれませんね。

00 見事にブナの股に入った唐松、プロセッサーで落そうとするもうまく行かない・・・

ヤバインジャないか、と思うくらいに揺れるブナ

だめだこりゃ、と諦めかけたとき

ブナの枝がバリバリバリっと折れて

どすーんと唐松が落ちた。

|

« ビックリ。 | トップページ | 秋の恵み! »

コメント

おはようございます与作さん。
 季節のうつろいだけでなく、木々の生長、植生の遷移、森は実に生きているのですね。

 大変な仕事だけれど、いいっすね、林業 happy01 
 徒にマスコミのキャンペーンに踊らされ 変わり行く自然の姿を自然の崩壊する姿だと勘違いしたりせず、自分の目でしっかりその新しい適応の形をみつめてゆく 山形でそういう与作さんの仕事に皆で乾杯してきまぁ~す sun

投稿: 月光仮免 | 2009年9月10日 (木) 03時34分

月光仮面さん

こんな時間になにしてるんですか?

こちらの山々は秋を感じる季節になりました。
松茸が豊作のようで
産直にはけっこうな数が並べられていますが
なかなか手が出ません。

大きな木の処理をプログで拝見しましたが
気をつけて作業をしてください
家の近くの除間伐の現場で、重大災害が発生しました。
左股関節脱臼、右足複雑骨折、診断は4級身体障害者だと聞き増した。
私も気を引き締めて作業しています。

山形、楽しんで下さいねー!。
今年は皆に会いに行けそうもありません。

投稿: 与作 | 2009年9月10日 (木) 18時01分

与作さん、あの風倒木処理のことですね。 確かにあれは怖い大きさの桜でした。 下見を繰り返して、事前に竹・雑木をきれいに払いとって全容を確認して尚10日。
 あーだこーだと考えぬいてようやくの着手でしたが、基本的にあたしゃ臆病に出来てるんだと実感しました(^^;
 それにしても、個別の樹木の腐れかたの違い ひとつひとつが勉強になります。
 山形には明日の夕刻発ちます。 何彫るか まだ決まってなかったりしてます shock

投稿: 月光仮免 | 2009年9月10日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125617/46166725

この記事へのトラックバック一覧です: 日常の作業なのですが:

« ビックリ。 | トップページ | 秋の恵み! »