« 寒かったー | トップページ | お知らせ »

2007年5月16日 (水)

東栄大会

今朝、「マスターズチョイス」の盾

東栄に発送しました。

どうしても調整がつかず、今年は出場を断念しました。

大会関係者の皆さんには大変ご迷惑をおかけすることになってしまいましたが

大会の成功をお祈りいたします。

5161_1 午後はハスクさんが

デモ機を持って来てくれた

実は3年前から使っている339XPが入院中なのだ

で、さっそく使ってみた

5162 まだアタリもでていないのに

かなり良いです。(マフラー変えてます)

吹け上がりもスムーズで初期の339よりトルク幅が広いように

感じました。

キャノンバーで超ーハイスピードカット行きますよー!!

|

« 寒かったー | トップページ | お知らせ »

コメント

えーと、またしても初歩的な質問です。 「まだアタリもでていないのに」って、アタリがわっかんなひ・・・(泣) おせーて。

 ウサちゃんの前面に掘りこんであるプランターか傘立てかの穴の壁面の仕上げ、これもチェンソーだけで彫ったんですね。 ランプシェードの現物を見てなかったらちょっとアンシンジラブルな技術水準でした。
 シオンさんのニカワ系接着剤は木工仲間でも使ってる人がいました。 この世界も本物志向で探ると決まった人物ばかりに出会います。

投稿: 成瀬 | 2007年5月18日 (金) 10時12分

成瀬さん
いつも有難うございます。

「アタリ」とは
新品のエンジンやオーバーホールしたエンジンの
シリンダーとピストンのすり合わせ、なじむ、の状態を
「アタリ」と言います。
慣らし運転と同じです。

今のエンジンは「慣らし」は必要ない、と言う人もいますがチェンソーの場合、燃料を8~10タンク分の消費が慣らしには必要としているメーカーもあります。

慣らし運転が終わってから改めえて「キャブレター」
の調整をすると良いでしょう。

うさチャンの前はもちろんチェンソーでやってます。
ランプシェードまだまだ次元が低い・・・
頑張ります。

本物を追求すると行き着くところ同じなんですね!
シオンの社長さんに伝えておきます。

投稿: 与作 | 2007年5月18日 (金) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125617/15095568

この記事へのトラックバック一覧です: 東栄大会:

« 寒かったー | トップページ | お知らせ »